top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

ホエイVSカゼイン!真のプロテイン王者はどちらだッ?



「ホエイが最強だッ!」と声高らかに叫びたい気持ちは抑えきれない!カゼインの影に潜む問題点を暴露し、ホエイの優位性を徹底解説するッ!

ホエイプロテインとカゼインプロテインが劇的に対決するJOJOスタイルのイメージ。ホエイプロテインは筋肉質で光り輝くオーラを持つ力強い存在として描かれ、カゼインプロテインは鎖と暗いエネルギーに包まれた陰湿な存在として描かれています。背景は超現実的でカラフルな風景で、激しい戦いを強調しています。「ORA ORA ORA!」や「MUDA MUDA MUDA!」などの擬音がスタイルを際立たせます。

システイン含量

ホエイプロテインがその名を轟かせる理由の一つは、システインの力だッ!ホエイには大量のシステインが含まれ、これが体内でグルタチオンを産生する。グルタチオン、それはまさに体内の守護神!免疫力を劇的に高めるのだッ!さらに、システインの摂取は筋肉増強や窒素バランスの改善にも繋がる。


一方、カゼインにはシステインが少なく、免疫向上効果は期待できないッ!カゼイン由来のオピオイドがシステインの取り込みを阻害し、DNAのメチル化を引き起こす恐れもあるという報告も。「なにィ!?これが真実だとするならば、カゼインを避ける理由は明白だッ!」


ゆっくり吸収される?

カゼインは「ゆっくり吸収される」と言われるが、その真実は如何にッ?ある研究では、カゼインが7時間にわたって血中アミノ酸濃度を保つとされている。しかし、この研究ではホエイ30gに対してカゼイン43gを摂取していたのだ。量が多ければ、それだけ長くアミノ酸濃度が保たれるのは当然だッ!


摂取5時間後、カゼインのロイシン濃度は61%、ホエイは29%とベースラインより高いままだが、グリシンやアラニンはカゼイン摂取後5時間でベースライン以下に。「このディテール、見逃すわけにはいかないッ!」ホエイのロイシン濃度が5時間後も高いままなのは、ホエイの力強さを物語っているッ!


同量摂取した場合、20g強のホエイまたはカゼインを摂取後3時間の血中必須アミノ酸濃度は同等。しかし、筋タンパク合成率はホエイがカゼインより93%高い結果に。トレーニング後のホエイはさらに122%高いという。「これがホエイの真の力だッ!」


カゼインと健康

カゼインにはαカゼイン、βカゼイン、κカゼインの三種類がある。牛乳のカゼインのうち、αが55%、βが15%、κが30%。人乳にはほとんどαが含まれておらず、βが主成分だ。「人間の身体に合うのはβカゼインだッ!」


カゼインに含まれるカゾモルフィンというペプチドは、モルヒネと構造が似ていることから、自閉症や統合失調症との関連が指摘されているが、これを支持する信頼できる文献は現時点で存在しない。安心せよッ!


βカゼインはさらにA1とA2に分けられる。ホルスタインはA1が多く、ジャージー牛はA2が多い。A1カゼインが動脈硬化を引き起こしやすいとする研究があるが、これはウサギを用いた研究であり、人間に直接当てはまるわけではない。A2ミルクは消化器系の不調を起こしにくいとされており、牛乳を飲むならA2を選ぶと良いかもしれない。



コメント


bottom of page