top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

お勧めのタンパク源は



タンパク質を求める者よ!目を見開け、耳を澄ませ、心の声に従え!我らが肉食の旅へと出発する時が来た!

ラム肉、鹿肉、ダチョウ、バイソン、鶏胸肉、ホタテ、レバー、卵などのタンパク質豊富な食品が、JOJOスタイルでダイナミックかつ誇張された形で描かれています。劇的な照明と鮮やかな色彩、エネルギーラインと「ZAP!」や「BAM!」のような擬音語が加えられています。

まずは、ラム肉について語ろう。カルニチンが豊富に含まれるこの肉は、脂肪燃焼のために必須の栄養素だ。ミトコンドリアへの脂肪酸輸送を助けるカルニチンは、ダイエット中には欠かせない。さらに、加齢によって体内での合成能力が低下するため、外部からの摂取が重要となるのだ。ラム肉がカルニチンの王者であることは広く知られているが、実はその上を行くものがある。それが鹿だ!ラムの2.44倍ものカルニチンを含む鹿肉は、ダイエッターの救世主と言えるだろう。


次に、ダチョウ。カルニチンの含有量では鹿に次ぐ存在だ。そしてその後に続くのが、そしてラム。これらの肉は店でも手に入るし、ネットで簡単に購入可能だ。筆者も「ダチョウ王国」の製品を愛用しているが、ここではあまり気にしないでほしいエピソードがある。ともかく、ダチョウや鹿、ラムの肉はその栄養価から見ても非常に優れた選択肢であることは間違いない。


しかし、バッファローはどうだろう?日本ではあまり食されることがないが、アメリカでは一般的な肉だ。実はバッファローと呼ばれるこの肉、実際にはバイソンである。バイソンは絶滅寸前から復活し、今や食肉として広く飼育されている。放牧で育てられるバイソンは、抗生剤やホルモン剤が使われない健康な肉だ。脂肪が非常に少なく、亜鉛や鉄、セレニウムが豊富で、まさに栄養価の宝庫だ。


次に挙げるべきは、鶏胸肉だ!その秘密は、カルノシンにある。カルノシンは乳酸の緩衝効果やリラックス効果、糖化抑制、学習機能改善など、多岐にわたる効果を持つ。カルノシンはβアラニンとヒスチジンのジペプチドであり、鶏胸肉を食べることで効果的に摂取できるのだ。最近ではβアラニンを含むサプリメントも登場し、その効果が期待されている。


そして、ホタテ。ホタテにはタウリンやグリシンが豊富に含まれ、体脂肪減少や解毒機能改善、免疫増強、テストステロン向上などの効果が期待できる。さらに、ホタテに含まれるコハク酸は褐色脂肪細胞を活性化し、ダイエットを促進する効果があるのだ。


バルクアップを目指す者には、レバーをお勧めする。これらにはアラキドン酸が豊富に含まれ、筋力増強に効果的だ。豚レバーや卵黄から摂取できるアラキドン酸は、テストステロン増加や筋肉増強に寄与する。また、アナンダミドに変わり、ワーキングメモリの改善やリラックス効果をもたらす。


 

タンパク質を求める旅はまだ終わらない。次なる冒険へと進む者たちよ、これらの食材を手に、健康と力を手に入れるのだ!



閲覧数:3回0件のコメント

Bình luận


bottom of page