top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

朝・夕どっちが効果的?時間栄養学で探る最適トレーニングタイム



(ズズズ...)今日のテーマは、時間栄養学から見た最適なトレーニングタイムだッ!

空条承太郎が朝早くに高強度トレーニングを行っている劇的なイラスト。時計は早朝を示し、周囲にはプロテインシェイクや健康的な食べ物のシンボルが描かれています。背景は日の出とジムの設定が混在しており、JOJOの奇妙な冒険スタイルで鮮やかな色と誇張された表情、擬音「ゴゴゴゴ」や「ドドドド」が特徴です。承太郎はおなじみの衣装を着て、決意に満ちた表情をしています。

ジムに行くベストタイムはいつだッ?!

普通の人々は、トレーニングを夕方に行うことが多いだろう。しかし、24時間ジムの増加により、朝早くにトレーニングをする人々も増えている。だが、果たしてどの時間帯が最適なのかッ?!研究によると、高強度のエアロバイクトレーニングは、午後に行うとパフォーマンスが9.6%も向上することが分かっているッ!


夕食の前か後か、それが問題だッ!

夕方にトレーニングする場合、夕食の前と後、どちらが良いのか。マウスの研究によれば、食後に運動した方が代謝が高まり、体脂肪の増加を抑え、筋肉量も増加するとのことだ。また、糖尿病患者を対象にした研究では、夕食後に運動をすることで心臓血管系疾患のリスクを減らすことができるという結果も出ているッ!


時間栄養学の力、見るがいいッ!

最近注目を集める「時間栄養学」。これは、体内時計と食事、運動の関係を探る学問だ。体内時計は脳の視交叉上核にあり、これが「主時計」となっているッ!さらに、大脳皮質や海馬、肝臓、腎臓、筋肉などに「末梢時計」が存在し、これらが遺伝子の転写・翻訳リズムを形成しているのだッ!


朝トレの効果、まさに黄金の朝日だッ!

マウスの研究では、朝にトレーニングを行った群の方が、筋肉量が有意に戻っていたという。これは、筋委縮を引き起こすAtrogin-1という遺伝子が朝に発現が低下するためだ。つまり、朝のトレーニングは効果的だッ!


ヒトの研究結果、まるで運命のようだッ!

システマティックレビューによると、トレーニング前の筋力は夕方の方が強いが、朝トレを続けることでその差はなくなるという。また、夜のトレーニングは睡眠を妨げると言われているが、24週間に渡る研究では、どちらの時間帯でも同様の効果があり、睡眠の問題もなかったッ!


朝食の重要性、これが決め手だッ!

マウスの研究では、朝のタンパク摂取量が多い方が筋肉量が多かったという結果がある。朝食時のBCAA摂取も夕食時より効果的であることが示されている。さらに、朝食を食べないと脂肪組織重量が増え、筋肉量が低下することが示されているッ!


 

結論:朝の高タンパク、そしてトレーニング!

トレーニング単体で考えると、朝と夜どちらが良いのかは一概には決められない。しかし、栄養面も含めて考えると、朝に高タンパク(高BCAA)の食事を摂取し、トレーニングを行うことが効率的であるという仮説が立てられるッ!ただし、朝のトレーニングには慣れが必要だ。


最終的には、夕方のトレーニングの方が筋力増加には効率的という結論に変わりはないが、個々の生活スタイルに合わせて最適な時間を選ぶことが重要だッ!


閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page