top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

内臓脂肪を減らすには: アップルフェノンとラクトフェリンの奇跡的効果



内臓脂肪!それは我々の体の中で暗躍し、健康を脅かす恐ろしい敵。しかし、希望はあります!普通にダイエットすれば内臓脂肪は最初に減少しますが、特に効果的な方法を探求してみましょう。


アップルフェノンの神秘

ラットの実験で確認された奇跡的な効果、それがアップルフェノン、またの名をりんごポリフェノールです。内臓脂肪がどんどん減少していく様は、まるでジョジョのスタンド攻撃のように強力です。


さらに、人間を対象にした試験では、71名が12週間にわたり一日600mgのアップルフェノンを摂取。結果は驚愕!内臓脂肪が減少し、アディポネクチンが増加しました。まるで黄金の風が吹き荒れるかのような効果です。

JOJOスタイルで、アップルフェノンとラクトフェリンの内臓脂肪減少効果を描いた劇的かつスタイライズされたイラスト。筋肉質で派手なヒーローとして描かれたこれらの成分が、内臓脂肪の怪物と戦っているエネルギッシュでカラフルな背景のアクションシーン。

ラクトフェリンの力

次に注目すべきはラクトフェリン。その力は圧倒的です。肥満男女を対象に、一日300mgのラクトフェリンを8週間摂取させたところ、コントロール群に比べて内臓脂肪が顕著に減少。ホルモン感受性リパーゼのリン酸化が亢進することによる効果とされています。


ストレスとコルチゾル

中年期の男性に特に多い腹部脂肪の増加、これはストレスによるコルチゾルの分泌が原因です。このコルチゾルが脂肪酸合成酵素を活性化し、食欲を亢進させます。しかも、腹部で特に活発に再活性化されるため、脂肪が溜まりやすいのです。

コルチゾルの抑制にはビタミンCやホスファチジルセリン、Relora、御嶽百草丸が有効です。これらをうまく活用することで、内臓脂肪との戦いに勝利を収めましょう。


エクササイズとニンニクのコンビネーション

驚くべき研究結果があります。高脂肪食を与えられたラットに対し、エクササイズを行った群とニンニクを与えた群、「エクササイズ+ニンニク群」に分けて調査したところ、最も脂肪量が減少したのは「エクササイズ+ニンニク群」でした。内臓脂肪の減少に効果的な組み合わせと言えるでしょう。


ケトジェニックダイエットの効果

ケトジェニックダイエットも内臓脂肪の減少に有効です。卵巣癌や子宮内膜癌の女性を対象とした研究では、「高繊維質かつ低脂肪」ダイエット群と比較して体脂肪、内臓脂肪が明らかに減少し、インスリン感受性が高まったという結果が報告されています。

24名の健康な男性を対象にした研究でも、ケトジェニックダイエットとトレーニングの組み合わせが腹部脂肪の減少に効果的であることが示されています。


 

まとめ

内臓脂肪を減らすためには、アップルフェノンやラクトフェリンの摂取、ストレス管理、エクササイズとニンニクの組み合わせ、ケトジェニックダイエットが効果的です。これらの方法を取り入れて、劇的に内臓脂肪を減らし、健康な体を手に入れましょう!



Comments


bottom of page