top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

天気痛とは?梅雨や台風時の体調不良を防ぐ方法

気象の変動、特に気圧の急な変動や湿度の変化は、私たちの体調に影響を与えることが知られています。この現象は「天気痛」としてよく知られており、多くの人が不快な症状を経験しています。今回は、天気痛の原因となる気象条件、そして梅雨や台風時の体調不良を防ぐ方法について詳しく解説します。


天気痛を象徴する暗雲が広がる空と、荒れ狂う海の上を進む台風の写真

天気痛とその原因


【天気痛の定義】

天気痛は気圧の変動、湿度、気温の変化などによって体が受ける痛みを指します。頭痛、関節痛、筋肉痛などの主な症状があります。ロート製薬の調査では、天気痛持ちの半数以上、女性は約6割が頭痛の症状があるようです。


【主な原因】

気圧の急激な変動は、体内の血圧や体液のバランスを乱すことから症状を引き起こす可能性があります。また、湿度の変化は関節や筋肉の炎症を引き起こすリスクを高めます。



梅雨や台風時の体調不良の原因


【気圧の影響】

低気圧や急な気圧変動は、自律神経の混乱や内耳のセンサーの過剰な反応を引き起こすことがあるとされています。


【湿度の影響】

中医学では過剰な湿気を「湿邪」と呼び、体内の水分量が多くなると浮腫みや頭痛、食欲不振などの症状を引き起こすとされています。ロート製薬の調査では、女性の8割が天気痛持ちで、湿度が症状を引き起こす主要な要因であることが示唆されています。



天気痛の予防と対策


【日常生活】

充分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動は体調を保つ鍵です。


【食事やサプリメント】

炎症を抑えるオメガ-3、筋肉や神経の調子を整えるカリウム、筋肉の緊張を緩和するマグネシウムなどを取り入れることをおすすめします。また、天気痛や梅雨時の体調不良は、ビタミンDの不足も影響している可能性があるため、サプリメントの摂取を検討することも一つの方法です。


【漢方・ハーブ】

体調を整えるための漢方薬や痛みを和らげるハーブが効果的です。以下一例です。


~漢方薬~

❒桂枝湯(けいしちゅう)

 風邪の初期症状や頭痛、関節痛に用いられる基本的な処方です。

❒当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃかごしゅゆしょうきょうとう)

 体の冷えや頭痛を和らげる効果があります。

❒補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

 体力をつけ、疲れや体調不良を改善するための漢方薬です。


~ハーブ~

❒ジンジャー (生姜)

 生姜に含まれるジンゲロールという成分が炎症を抑える作用があり、体を温める効果も持っています。ジンジャーティーなどとして摂取するとよいでしょう。

❒ターメリック (ウコン)

 クルクミンという成分が炎症を抑える効果があるため、関節痛や筋肉痛の緩和に役立ちます。

❒ローズマリー

 血行促進や抗酸化作用があり、頭痛の予防や緩和に有効です。

❒ラベンダー

 リラックス効果があり、頭痛の予防や緩和に役立つことが知られています。アロマオイルとして使用すると効果的です。


天気痛の対策として、これらの漢方薬やハーブを利用する際は、自分の体質や症状に合わせて選ぶことが大切です。また、持病や薬を服用している場合は、医師や専門家に相談することをおすすめします。


【身体のケア】

耳のマッサージや温め、身体を温めて汗をかくことで、浮腫みや症状の改善が期待できます。


【水分摂取】

湿度が高い時期には、意識的に水分を取ることで、浮腫みの改善や体内の塩分を洗い流す効果が期待できます。



最後に


 天気の変動と健康の関係を理解し、上記の対策を取り入れることで、不快な症状を軽減し、快適な生活を送る手助けとなることを期待します。

閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page