top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

ゴールデンタイムの再定義:トレーニング前にプロテインを摂る新常識

以前は、「ゴールデンタイム」と呼ばれるトレーニング後すぐにプロテインを摂る習慣が一般的でした。しかし、現在ではトレーニング前にプロテインを摂ることが注目されています。


詳細でリアルなゴールデンタイムの新しいコンセプトを示すインフォグラフィック。ワークアウトの75分前にホエイプロテインを摂取し、トレーニング中にEAAを少量追加するタイムラインを明確にビジュアライズしている。グラフィックは、効果的な筋肉の合成を促進し、筋分解を最小限に抑えることを強調しており、明確なラベルと注釈が付けられている。

トレーニング前にプロテインを摂る理由

 主な目的は、トレーニング中の筋分解を阻止することです。トレーニングが始まると、エネルギー供給のために筋肉が速やかに分解され、アミノ酸が使われます。糖質だけでは不十分で、必要なアミノ酸を補う必要があります。


筋肉の分解と合成のダイナミクス

 トレーニングを始めると、筋分解だけでなく筋合成も活発になります。例えば、腕のトレーニングをした場合、腕の筋肉を合成するためには、他の部位の筋肉が分解されることがあります。


血中アミノ酸濃度の重要性

 事前にアミノ酸濃度を高めておくことで、筋肉ではなく血中のアミノ酸がエネルギーとして使われる確率が高くなります。ホエイプロテインは、摂取後60~70分で血中アミノ酸濃度が最大になります。


ホエイプロテイン VS EAA

 EAA(Essential Amino Acids)は全ての必須アミノ酸を補完できますが、大量に摂ると下痢のリスクがあります。一方、ホエイプロテインはより安全で、持続的に血中アミノ酸濃度を維持できます。


おすすめ

  • トレーニング75分前にホエイプロテイン

  • トレーニング中に少量のEAAを追加

これにより、筋分解を最小限に抑え、効果的な筋肉の合成を促します。


まとめ

 ゴールデンタイムの新しい考え方は、トレーニング前にプロテインを摂ることです。これにより、筋分解を防ぎ、トレーニングの効果を最大化します。


さて、この新しいゴールデンタイムを試して、トレーニングの効果を感じてみませんか?

Comments


bottom of page