top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

鉄の真実を暴け!その秘められた力を解き明かす



ドォーーーン!体内に隠された鉄の力、その驚異的な働きが今、明かされる。鉄分は単なる金属ではない。その真の力を知れば、あなたの健康への意識が劇的に変わるだろう!


鉄の超重要な働き

赤血球をつくり、酸素を運搬する

鉄が不足すると、血液の運搬能力が減退し、全身に酸素が行き渡らなくなる。これはまるでスタンドの力が弱まるかのような危機的状況だ!

筋肉質の人物が「鉄」と書かれた発光するバイアルを手に持ち、ダイナミックなエネルギーの波に囲まれた劇的なシーン。背景には誇張された動線と鮮やかな色彩が広がり、鉄分の重要な働きを象徴している。

筋肉に酸素を貯蔵する

鉄はミオグロビンの重要な構成物質。ミオグロビンは筋肉内に酸素を貯蔵し、必要な時に供給する。鉄がないと、筋肉がその力を発揮できないのだ。


エネルギーを生産する

鉄が不足するとエネルギー生産に支障をきたし、疲労感が増す。これはスタンド使いがエネルギーを失った状態に等しい。


カタラーゼをつくる

鉄は活性酸素を除去する酵素、カタラーゼの材料。鉄がなければ、体は活性酸素のダメージから身を守れない。


神経伝達物質をつくる

セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の生成にも鉄が必要。鉄が不足すると、イライラや鬱、パニック症状が現れることがある。


運動性貧血とは

マラソンランナーに多いと言われる「運動性貧血」。これは、走ることで足の裏に強い衝撃が加わり、赤血球が壊れてしまう現象。特に女性ランナーは月経によって鉄が失われやすく、運動性貧血になりやすい。


鉄の種類

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の二種類がある。ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品に含まれ、10~30%が吸収される。非ヘム鉄は野菜や穀物に含まれ、1~5%しか吸収されない。吸収率の高さから、鉄の補給源としてはヘム鉄が推奨される。


摂取量と注意点

厚生労働省推奨摂取量

男性:7.9mg/日、女性:7.0mg/日

成人男性:7.0~7.5mg/日、成人女性(月経あり):10.5~11.0mg/日


鉄の過剰摂取は心臓血管系疾患を引き起こす可能性があるため注意が必要。特に40歳以上の男性はマルチビタミンも「鉄なし」を選ぶことを推奨。



閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page