top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

リンゴポリフェノールの力!脂肪減少から美白効果まで



オラオラオラァ!今日はリンゴポリフェノールの力について語ってやるぜ!お前ら、しっかりついて来い!

空条承太郎スタイルのJOJOイラスト。リンゴポリフェノールの強力な効果を描き、ダイナミックな線で描かれた鮮やかなリンゴ、脂肪を減らすスタイリッシュな肝臓、美白効果のある輝く肌、健康な細菌を示す腸を示す。JOJOアートの特徴的な力強い線、劇的な表現、および『ゴゴゴゴ』や『ドドドド』などの擬音を含む。

リンゴポリフェノールとは?

リンゴにはクロロゲン酸、シアニジン、ケルセチン、フロリジン、カテキン類、プロシアニジン類といった強力なポリフェノールがたっぷり詰まっている!総じて「リンゴポリフェノール」って呼ばれてるんだ。ウェールズのことわざに「1日1個のリンゴで医者いらず」ってのがあるけど、その通りだぜッ!


リンゴの果糖について

リンゴには甘い果糖がたっぷり入っているが、心配するな。1個のリンゴは約250グラム、その半分が果糖だ。確かに無視できない量だけど、1日1.5個から2個のリンゴを3週間食べ続けたらどうなると思う?中性脂肪が平均21%も減少して、血中ビタミンCが34%も増加、さらにビフィズス菌が15%増加するんだぜ!これはリンゴに含まれるペクチンやポリフェノールのおかげさッ!


研究結果

次に、リンゴポリフェノールの驚異的な研究結果を紹介してやる!

  • 血糖値の抑制:リンゴポリフェノールを600mg、12週間摂取した結果、食後30分の血糖値の上昇が抑えられたんだ。プロシアニジン類が腸での糖吸収を阻害してるからかもしれねぇ。

  • 内臓脂肪の減少:リンゴポリフェノールを12週間摂取したら、内臓脂肪が減少して、アディポネクチンが増加したんだぜ。

  • 肝臓の健康:膵リパーゼや腸管での脂肪吸収を阻害し、肝臓での脂肪酸合成酵素を抑制し、β酸化における酵素の発現を促進して、内臓脂肪の蓄積を抑制するってわけだ。

  • 美白効果:プロシアニジン類がメラニン生成を抑えて、美白効果まで期待できるってんだから驚きだ!

摂取方法

リンゴポリフェノールの恩恵を最大限に受けるために、「アップルフェノン」っていうサプリメントがあるんだ。また、アップルペクチンもサプリメントとして購入可能だ。リンゴを食べるなら、1日に1~1.5個で十分だぜ。特に未熟なリンゴや青いリンゴにはポリフェノールが4~6倍多く含まれてるから、健康のためにはそっちがおすすめだッ!

実用的なアドバイス

リンゴの皮には農薬が残留していることがあるけど、心配無用だ。重曹水でリンゴを洗うと安心して食べられるぞ。重曹水に1分ほど浸けてからよく洗えばOKだ。農薬なんかに負けるなよ!


 

リンゴポリフェノールの力を体験しよう!サプリメントやリンゴを日常に取り入れて、究極の健康を手に入れろ!お前ら、今がその時だッ!


Comments


bottom of page