top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

カリウムの力で健康を守れッ!ナトリウムとの壮絶なバトル!



カリウムの重要性とは?

ドッギャーン!高血圧や心血管疾患のリスクを下げる鍵は「カリウム」にあったッ!腎臓が正常であれば、一日に20~30gの塩分を排出できるため、実は減塩にこだわる必要はないのだ。減塩で血圧が少々下がっても、それが心血管疾患や死亡率を下げることにはつながらないという報告もあるッ!

カリウムとナトリウムが戦う劇的で活気に満ちたJOJOスタイルのイラスト。カリウムは明るい緑色のオーラを持つ英雄として描かれ、大きなリンゴを持っています。ナトリウムは暗い赤色のオーラを持つ悪役として描かれ、塩のシェーカーを持っています。背景には、健康を維持するためのカリウムとナトリウムのバランスを象徴する、緑豊かで健康的な側面と暗く嵐のような不健康な側面が描かれています。

塩分の恐怖を吹き飛ばす「カリウム」

バァーン!塩分摂取が怖い人は、カリウムを積極的に摂取せよッ!塩分と高血圧の関係は、日本の東北地方の調査から導き出されたが、その調査は統計的なものであった。秋田県では血圧が高かったが、青森の弘前地方ではリンゴを食べる習慣があり、血圧は正常だった。リンゴにはカリウムが大量に含まれており、カリウムにはナトリウムの再吸収を抑制し、体外に排出する働きがあるのだッ!


カリウムの力で血圧を下げろ!

ドドドドドド!カリウムを摂取することで、血圧が実際に下がったというメタ・アナリシスもある。また、カリウムの多い食事は高血圧や脳卒中のリスクを減少させるという報告もあるのだ。カリウムは野菜や果物に多く含まれているが、特に「イモ類」に多く含まれている。サツマイモやジャガイモを食べることで、ナトリウム過剰摂取の心配は無用だッ!


ナトリウムとカリウムの適切な摂取量

グワッシャーン!ナトリウムについては、一日に最低でも3000mgが必要であり、運動をして汗をかく人は更に摂取量を増やしても良い。カリウムについては、普通の食生活では一日に1000mgほど足りていないため、里芋やサツマイモ、ジャガイモ、昆布、ワカメ、ヒジキ、切り干し大根などを積極的に食べるようにしよう。特に調理時には電子レンジを使うことで、カリウムの流出を防げるッ!



閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page