top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

骨粗しょう症の対策!運命に抗うための強靭な骨作り

更新日:4 日前



「やれやれだわ…」高齢者が転倒して骨折し、急激に老け込む話をよく聞く。転倒しないように脚の筋肉を鍛えることは重要だが、今回は転倒しても骨折しない強い骨を作る対策を教えてやるわ。

ジョジョの奇妙な冒険からインスパイアされたキャラクターが、特徴的なジョジョ立ちをしている動的なイラスト。彼女は長いライトグリーンの髪を二つのお団子にまとめ、緑の模様が入った衣装を着ている。体をひねり、片腕を伸ばし、もう片方の腕を腰に当てて、強烈な表情で立っている。周囲には骨粗しょう症対策(ウェイトトレーニング用のダンベル、ビタミンK、コラーゲン分子、適度なアルコールを象徴するワイングラス)を象徴するシンボルが描かれている。背景には渦巻くエネルギーや光る要素があり、骨粗しょう症との戦いを象徴している。'ORA ORA'や'MENACING'といった英語の擬音語が加えられ、シーンの緊迫感が強調されている。鮮やかでカラフル、そしてドラマチックなジョジョスタイルの対決を見事に捉えている。

骨の基本メカニズム

骨も他の細胞と同様に、新しく造られては壊されている。骨を造るのが骨芽細胞、骨を壊すのが破骨細胞だ。骨芽細胞が骨をつくることを「骨形成」、破骨細胞が骨を壊すことを「骨吸収」と呼ぶ。骨吸収が骨形成を上回ると骨が弱くなる。このバランスを保つための対策を見ていこう。


骨形成を高める

オステオカルシン

骨芽細胞から分泌されるオステオカルシン(グラたんぱく)がキーワードだ。オステオカルシンは骨のタンパク質の約25%を占め、骨への物理的刺激によって分泌される。スクワットなどのウェイトトレーニングが効果的だ。


ビタミンK

オステオカルシンはビタミンKによってカルボキシル化され、骨形成に必要な形になる。ビタミンKの摂取は必須であり、骨基質にリン酸カルシウムを結合させる際にも必要だ。


タンパク質とコラーゲン

骨は半分がコラーゲンでできているため、充分なタンパク質摂取が必要だ。コラーゲンペプチドのサプリメントやビタミンC(特に脂溶性)の摂取も有効だ。


骨吸収を抑える

カルシウムとホルモンのバランス

血中カルシウム濃度が低下すると、骨からカルシウムが流出する。この時、パラソルモン(副甲状腺ホルモン)が分泌され、逆にカルシトニン(甲状腺から分泌)が骨からのカルシウム流出を防ぐ。エストロゲンはカルシトニンの分泌を促進し、パラソルモンの作用を抑制する。


閉経後の対策

女性が閉経を迎えるとエストロゲンが急低下し、骨吸収が進みやすくなる。エストロゲンを増やすために、アルコール摂取が有効だ。アルコールはテストステロンをエストロゲンに変換するアロマターゼを活性化する。


骨粗しょう症の予防と改善

ウェイトトレーニング

閉経後もウェイトトレーニングを行うことで、骨密度を維持し、骨粗しょう症の予防や改善に役立つ。


ビタミンKとビタミンD

ビタミンKとビタミンDを一緒に摂取することで、腰椎の骨密度が高まることが研究で示されている。カルシウム単体では効果が見られないため、ビタミンDが不足していない状態であれば、ビタミンKのみでも効果がある。


コラーゲン

ゼラチン添加食が骨粗しょう症のラットの大腿骨の強度を高めることが確認されている。正常マウスでもカゼイン食にゼラチンを加えると大腿骨密度が増加する。


適度なアルコール

適度なアルコール摂取はエストロゲンの増加に寄与し、骨密度の維持に役立つ可能性がある。ただし、アルコールのデメリットも考慮し、適量を守ることが大切だ。


 

結論

骨粗しょう症の対策には、ウェイトトレーニング、ビタミンKとDの摂取、コラーゲン補給、そして適度なアルコール摂取が有効だ。これらの対策を組み合わせて、強い骨を作ろう。「やれやれだわ…でも、これで運命に抗う手段が見えた!」



댓글


bottom of page