top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

考えられないほど危険な「食中毒」と自然療法での対策

食中毒は誰にでも起こり得る症状であり、軽視してはいけません。私もかつては気軽に家で調理した食材を長期間保存し、その後摂取した結果、食中毒に罹ってしまった経験があります。特に若い時期、体を鍛えるべく、高タンパクな食材に目を向けがちですが、その管理方法が適切でない場合、重篤な食中毒につながる可能性があります。


食中毒でお腹を抱える人、自然療法の必要性を示す

板藍茶(バンラン茶):自然の抗菌・抗ウィルスエージェント

 アブラナ科のホソバタイセイの根から作られる「板藍茶」は、古来よりその抗ウィルス、抗菌作用が注目されています。中国では、これを粉末にし、日常の食事に取り入れることで、集団感染を未然に防いでいます。板藍茶には、ウィルスや菌の増殖を抑制する「静菌的作用」があり、副作用のリスクも少ないため、食中毒の予防に非常に有用です。


オレガノオイル:万能の抗菌オイル

 オレガノオイルは、その強力な抗菌・抗ウィルス作用で知られています。特に、「カルバクロール」という成分が多く含まれているものが効果的です。オレガノオイルは通常、濃度が高いため、ジュースやハチミツと混ぜて摂取することが一般的です。


緑茶:食中毒の静かな守護者

 緑茶に含まれる「カテキン」は、食中毒の原因となる菌に対して強力な抗菌作用を示します。更に、ストリクチニンという成分はウィルスの細胞への侵入を防ぐ働きがあります。


ニンニク:自然界からのギフト

 ニンニクに含まれる「アリシン」は、強力な抗菌作用を有しています。ただし、この成分はビフィズス菌なども殺す力があるため、適量を守ることが大切です。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page