top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

ナイアシン大量摂取の効果とは - ディオ・ブランドーが教える完全なる支配の秘訣



「人間の力を超える秘訣、それはナイアシンだッ!」


ナイアシンは、私たちの身体に驚くべき効果をもたらすが、その力を完全に支配するためには知識が必要だ。今回はナイアシン大量摂取の効果とその問題点について、ディオ・ブランドーのカリスマ的な視点から探っていこう。

ディオ・ブランドーのスタイルで、ナイアシンの大量摂取の効果を象徴するイメージ。カリスマ的なキャラクターがナイアシンの重要性を強調しているシーン。

ナイアシン大量摂取の問題点

前回の記事を簡単に振り返ると、NAD+は直接摂取してもすぐに分解されてしまうため、前駆体であるNMNやNRを摂取することで効果が期待できる。ナイアシンも同様だが、この効果を得るためには超大量の摂取が必要となる。しかし、まだ高価なNRとナイアシンを併用することで、ナイアシンの量を減らしつつ効果を期待できるかもしれない。


「だが、ナイアシンの力を引き出すには注意が必要だッ!」


ナイアシンフラッシュ

ナイアシンの大量摂取によって起こる「ナイアシンフラッシュ」は、ヒスタミンの遊離による皮膚表面の紅潮、かゆみ、温熱感などの症状を引き起こす。これらの症状は数時間で消えるが、知らない人がナイアシンを大量摂取すると驚くこと間違いなしだ。しかし、ナイアシンフラッシュは身体に良い影響をもたらす。ナイアシンを摂取することで結腸炎や結腸癌が抑制されることが知られている。また、血行改善やヒスタミンの遊離は、トレーニングのパンプを増大させるのだ。


「ナイアシンフラッシュ、それは力の証明だッ!」


メチル基不足

ナイアシン大量摂取のもう一つの問題は、「メチル基が足りなくなること」だ。メチル化は生体内で非常に重要な作用であり、重金属の修飾や遺伝子発現の調節、タンパク質の機能調節、RNAの調節などに必要とされる。ナイアシンは「メチル基受容体」であり、大量に摂取すればメチル基がそちらに吸い上げられる。


動脈硬化の原因の一つであるホモシステインは、メチル化されることでメチオニンに戻るが、メチル基が足りないとホモシステインレベルが高くなる。52名の患者に3000mgのナイアシンを投与したところ、ホモシステインレベルが55%増加したという報告があるため、ビタミンB6とB12、葉酸を同時に大量摂取する必要がある。


「メチル基を補充せよ、力を完全にするために!」


肝臓への負担

さらに大量のナイアシンは肝臓への負担がかかる可能性がある。肝臓保護のためにレシチンを摂取することを考えよう。レシチンはメチル基供与体でもあるため、メチル基を補うこともできる。一日に5g程度のレシチンで十分だ。


NR+ナイアシンの併用

NRはまだ高価だが、ナイアシンと併用することでその量を減らすことができる。NRとナイアシンの組み合わせは持久力の向上や疲労感の軽減に効果的だ。私(瀬戸)もこの組み合わせを試しており、肌ツヤが良くなり若返った印象を受けている。


「NRとナイアシン、それは究極の組み合わせだッ!」


ナイアシンの大量摂取を実行する場合、少量から始めて徐々に増やしていくことが重要だ。例えば、50mgでフラッシュが起こったら、1日1回50mgを2〜3日続け、フラッシュが起こらなくなったら1日2回50mgを摂取する。これを繰り返して、最終的には500mgの錠剤に切り替える。


「慎重に、しかし確実にナイアシンの力を手に入れよ!」



閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page