top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

メラトニンの力を支配せよ! - ディオ・ブランドーが教える夜の帝王学



「人間は光の中で生きる生き物だ…だが闇の中でしか知り得ぬ力もある。それがメラトニンだッ!」


メラトニンは、神秘的な力を持つホルモンであり、その効果は驚くべきものだ。詳細な作用機序は未だ完全には解明されていないが、メラトニンは性ホルモンと密接な関係があることが知られている。夜勤の多い者や国際線のCAなど、不規則な勤務時間を持つ職業では、乳がんや前立腺がんの発生率が40〜70%も上昇することが報告されている。これがメラトニンの闇の力だッ!

ディオ・ブランドーのスタイルで、メラトニンの効果を象徴するイメージ。カリスマ的なキャラクターがメラトニンの重要性を強調しているシーン。

メラトニンの効果

メラトニンは、カロリー制限やレスベラトロールと同様に、サーチュイン遺伝子に作用して寿命を延長させる可能性がある。また、抗炎症作用や抗酸化作用により生活習慣病を予防する力を持っている。特に重要なのは免疫系への影響だ。


「メラトニンの真の力、それは免疫の支配にある!」


リンパ球から生成されるT細胞にはTh1とTh2が存在するが、Th2が増え過ぎると癌やアレルギー(花粉症、食物アレルギー、アトピーなど)の原因となる。メラトニンはTh1を増やすことでこのバランスを整え、NK細胞を増やし、グルタチオンを増やすことで癌やアレルギーを防ぐのだ。


さらに、化学療法とメラトニンを組み合わせることで生存率を高める効果も確認されている。メラトニンの力は計り知れないッ!


メラトニンのデメリット

「だが、すべての力には代償がある…」


Th1型の自己免疫疾患(リウマチなど)を持つ場合、メラトニンの摂取は逆効果となる可能性がある。医師の判断を仰ぐことが重要だ。また、摂取タイミングも重要で、早朝にメラトニンを摂取するとインスリン抵抗性を高め、耐糖能を悪化させる可能性がある。これは概日リズムを狂わせるからだ。通常は夜寝る前に摂取するため、この心配は少ないが、注意が必要だ。


研究結果

ここで、メラトニンに関するいくつかの研究結果を紹介しよう。


研究1: 閉経期の女性81名を対象

  • メラトニンを1年間に渡って摂取。

  • メラトニン摂取群はプラセボ群に比べて、6.9%の体脂肪減少、5.2%の除脂肪体重増加。

  • アディポネクチンが21%増加。

  • 3mg摂取群の方が効果が高かった。

研究2: アスリートを対象

  • 4週間の研究で、睡眠の質を改善し、概日リズムを最適化することが示された。

研究3: メタボ症候群を対象

  • 5mgのメラトニンを就寝2時間前に摂取。

  • 抗酸化活性が上昇し、悪玉コレステロールが減少、血圧が低下。

研究4: トレーニング経験のある男女30名ずつを対象

  • メラトニンを摂取してレッグプレス「7レップス7セット」を実施。

  • 男性:メラトニン摂取(5mg)により成長ホルモン分泌が増加。

  • 女性:逆に減少。

  • 若い男性および女性の血流を改善し、血圧が低下。

睡眠時間が短い場合には・・

普通のメラトニンは摂取後6時間程度で血中濃度が元に戻る。睡眠時間が短い場合、起床時にまだメラトニンが残っていて眠気が消えないことがある。そのような場合は舌下錠を使うと良い。舌下錠ならすぐに作用が現れ、摂取後3時間程度で元に戻る。


「メラトニンの力を手に入れ、その真価を発揮せよッ!」



閲覧数:4回0件のコメント

Comentarios


bottom of page