top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

インスリンの役割とその重要性



"知得初動へようこそ、ジム筋華ブログです!ここでは複雑なトピックをシンプルに解説して、あなたの好奇心を刺激し、さらなる学びへと導きます。科学や医療情報に関しては特に批判的に――疑問を持ち、理解を深め、知識を広げましょう。さらなる豊かな人生の一助に"


筋肉を増やすために最も重要なホルモンは何でしょうか?それは男性ホルモンでも成長ホルモンでもなく、インスリンです。

3Dワイヤーフレームで描かれたインスリンの役割とその重要性。インスリンが血糖値に及ぼす影響、筋肉、肝臓、脂肪細胞での作用、インスリンの活動の階層が示されています。グルコース、アミノ酸、筋肉成長、脂肪合成のシンボルが含まれており、背景にはグリセミックインデックスと栄養素吸収の表現が描かれています。科学的かつモダンなスタイルで、インスリンの役割に関する健康とフィットネスのブログに適しています。

◎インスリンの働き

インスリンの主な働きは「血糖値を下げること」です。つまり、血液中の糖分を体の組織内に送り込むのがインスリンの役割です。インスリンの分泌には「基礎分泌」と「追加分泌」があり、どちらも血糖値を一定に保つために働いています。


  • 基礎分泌:常に少量分泌されている。

  • 追加分泌:食事をして血中にブドウ糖が流れ込むと起こる。


◎血糖値を一定に保つことの重要性

食事をすると栄養素が血管に流れ込み、血糖値が上がります。インスリンが追加分泌されることで、血糖値は一定のレベルまで下がります。インスリンは糖分だけでなく、アミノ酸も筋肉に送り込む作用があります。これは筋肉を増やす上で非常に重要です。


しかし、インスリンは脂肪細胞にも作用します。インスリンは脂肪の合成を助ける一方で、脂肪の分解を抑制します。つまり、インスリンが多く分泌されると、体脂肪が合成されやすく、分解されにくくなります。


◎インスリン・ヒエラルキー

インスリンは働く順番があり、これを「インスリン・ヒエラルキー」と呼びます。この順番は以下の通りです。

  1. 筋肉

  2. 肝臓

  3. 脂肪


筋肉が多いほど、インスリンによって体脂肪が増える可能性は小さくなります。筋肉が少ない人は脂肪にインスリンが働く割合が大きくなり、体脂肪が増えやすくなります。トレーニングを行うことで、筋肉のインスリン感受性が高まり、筋肉を発達させるためには運動中~運動後3時間以内に十分な栄養を摂取することが重要です。


◎グリセミック・インデックス(GI値)

糖質の消化吸収が早いと血糖値が急激に上がり、インスリンも大量に分泌されます。逆にゆっくり吸収される糖質はインスリンの分泌も緩やかになります。この「インスリンの出方」を数値で表したものが「グリセミック・インデックス」(GI値)です。


◎インスリンの働きを高めるために

インスリンの働きを高める代表的なものをいくつか紹介します。


  • アルギニン、シトルリン、オルニチン:インスリンの分泌を促し、インスリン感受性を高めます。摂取量は1日3~4gから始め、9gまで増やしても問題ありません。

  • EPA:インスリン感受性を高めます。青魚を日常的に食べるか、サプリメントで補給します。摂取量は「EPA+DHA」として2~4gが目安です。

  • αリポ酸:筋肉におけるインスリン感受性を高める効果があります。摂取量は朝食後とトレーニング後に100~200mgずつ。

  • シナモン:小さじ一杯のシナモンを一日1回摂取するだけで、糖尿病患者の血糖値が改善された報告があります。


その他、ビオチン、ケルセチン、亜鉛、クロミウム、バナジウム、コロソリン酸(バナバ茶)などもインスリンの働きを高める効果があります。



閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page