top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

心臓血管系疾患を打ち破るための黄金の指針



「すべての道は我に通ず!」


酸化LDLに挑む!抗酸化ビタミンの力を見よ!

恐れよ!酸化LDL!貴様の脅威を打ち破るために、我が指針を示そう。抗酸化物質の力を借りて、この戦いに勝利せよ!

酸化LDL対策や人工甘味料の影響、糖化について説明するJOJOスタイルのブログ記事の画像。

抗酸化ビタミン

活性酸素よ、貴様が引き起こす酸化LDLに我が力を注ごう。ビタミンE、脂溶性の守護者、そしてビタミンC、水溶性の戦士が共に立ち上がる。トロロックス、貴様の真価を見せる時だ!だが日本で売られている同名の水とは全くの別物だ、貴様の目を見開け!


CoQ10

心臓の真の力、その力を示す左心駆出率(LVEF)を見よ!突然死する者たちの弱さを克服するために、CoQ10がその力を発揮する。だが年齢とともにその力は衰える。だからこそ外部からの摂取が必要なのだ。ユビキノール、貴様の還元力を借りよう!


リボース

心臓のエネルギーを補給するため、リボースよ、その力を我に貸せ。心臓血管系疾患に立ち向かうための力が必要なのだ。


レスベラトロール

12週間、レスベラトロールを摂取せよ。糖尿病患者の動脈硬化を改善し、酸化ストレスを減少させる。カロリー制限に匹敵する効果をもたらすのだ。


ブドウ種子抽出物

ブドウ種子の抗酸化力、その力を見せよ。アナボリックステロイドの脅威から心臓を守るために、貴様の力を必要としているのだ。


人工甘味料は敵か?

我が宿敵、人工甘味料。その実態を暴くときが来た。自然なものが善とされ、加工食品が悪とされる中、人工甘味料の真実を知れ。


インスリン反応と体重

人工甘味料はインスリンを刺激し、血糖値を下げ、食欲を増進させる。しかし、貴様が食事をコントロールするならば、人工甘味料は体重減少の強力な武器となる。


安全性の懸念

スクラロースやアセスルファムK、貴様らの甘さは計り知れない。少量で済むが、その安全性には注意が必要だ。


行動と神経伝達物質への影響

砂糖と人工甘味料がマウスの行動や神経伝達物質に与える影響、その結果を見よ。砂糖の中毒性、そして精神の安定に寄与する力を知れ。


血を固める力

血を固めることは悪ではない。この重要な機能、ビタミンKの力を借りて守るべきだ。


ビタミンKの役割

ビタミンKは血液凝固の他に動脈硬化の予防にも効果がある。カルシウムのパラドックスを防ぎ、石灰化を防ぐためにも必要なのだ。


リンとオステオポンチン

リンの過剰摂取、そしてオステオポンチン、その危険性を知れ。レスベラトロールの力を借りて、これらを減少させ、血管の健康を守るのだ。


糖化とは

糖化、それは糖質とアミノ酸が反応し、AGEsを生成する恐ろしい現象だ。血管の硬化、動脈硬化を引き起こすこの敵を知れ。


糖化予防

糖質を控え、インスリン感受性を高め、血糖値を安定させることが必要だ。定期的なAGEs測定も行い、その対策を講じるのだ。



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page