top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

果糖と腹回りの戦い!運命に抗うための真実



「やれやれだわ…」年を取ると腹回りが気になる男性が増えるけど、それは腹横筋の弱化だけじゃなく、脂肪の蓄積によるものだ!まるで見えないスタンドのように、脂肪が忍び寄る。だが、その敵を理解し、戦う術を知ることで、運命に抗うことができる!

ジョジョの奇妙な冒険からインスパイアされたキャラクターが、特徴的なジョジョ立ちをしている動的なイラスト。彼女は長いライトグリーンの髪を二つのお団子にまとめ、緑の模様が入った衣装を着ています。体をひねり、片腕を伸ばした劇的なポーズをとり、周囲にはコルチゾル分子や果糖の構造が描かれています。背景には渦巻くエネルギーや光る要素があり、代謝過程と脂肪蓄積との戦いを象徴しています。'ORA ORA'や'MENACING'といった英語の擬音語が加えられ、シーンの緊迫感が強調されています。鮮やかでカラフル、そしてドラマチックなジョジョスタイルの対決を見事に捉えています。

コルチゾルと腹部脂肪の関係

腹部の脂肪増加は、副腎皮質ステロイドの副作用として知られる中心性肥満と関係がある。その原因はコルチゾルというホルモンだ。このコルチゾルは、肝臓や脂肪組織、大網(腹膜)で再活性化され、脂肪蓄積を促進する。さらに、コルチゾルは食欲を増進し、脂肪酸合成酵素(FAS)を活性化する。「この敵、見えないけど強敵だ!」


NADPHと11βHSD1の役割

ここからが本題だ。糖質制限がコルチゾルにどう影響するか。細胞内のNADPH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)は、11βHSD1という酵素の活性に関わる。糖質を制限するとNADPHが減少し、11βHSD1の活性も低下してコルチゾルが減る。しかし、果糖を摂取すると、この恩恵が受けられないのだ!


果糖の影響

果糖はホスホフルクトキナーゼをバイパスし、アセチルCoA合成のネガティブフィードバックを起こさず、中性脂肪を増やす。さらに、果糖は脂肪細胞でフルクトース6リン酸に変換され、11βHSD1の活性を高める。その結果、腹部の脂肪が増え、血中遊離脂肪酸も増加する。「見えない敵が、どんどん強くなる!」


ラットの研究結果

ラットの研究では、果糖を多く含む食事を摂ると、食欲が増加し、腹部の脂肪が増え、細胞核のコルチゾルレセプターも増加することが示されている。さらに、慢性的なストレスと果糖の摂取は11βHSD1の発現を高め、脂肪合成酵素のレベルも上昇させる。


 

結論

果糖は、緩やかな糖質制限中には避けるべきだ。少量でも、コルチゾル低下の恩恵を受けられない。ボディビルダーや健康を気にする人々は、果糖の摂取を控え、特にチートデイに限定するのが賢明だ。「やれやれだわ…だけど、これで運命に抗う手段が見えた!」


閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page