top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

トレーニングで聴くべき音楽プレイリスト:ワークアウトの質を高める選曲術

更新日:4月29日

ワークアウト中の音楽選びは、ただの楽しみだけでなく、実際にトレーニングの質に影響を与える可能性があります。この記事では、専門的な観点からどのような音楽がワークアウトの質を高めるのか、そしてその効果について解説します。


女性がスマートフォンを使用して、ワークアウト中に聴く音楽プレイリストを選定しているシーン

好きな曲を選ぶ重要性

 個々の音楽の好みは、心地よく感じるものを選ぶことで、自然とモチベーションが高まります。そのため、最初に自分の好きなジャンルやアーティストから選曲することは有効です。



テストステロンの向上

 研究によれば、特定の種類の音楽、特にヘビーメタルやヒップホップは、テストステロンレベルの向上を助ける可能性があるとされています。テストステロンが高まると、力強いパフォーマンスが可能となります。


例えば、、、

"Eye of the Tiger" by Survivor

"Lose Yourself" by Eminem



集中力を高める音楽

 集中力を高めるためには、歌詞が少なく、リズムが安定した曲が良いとされています。クラシック音楽やインストゥルメンタルのジャズなどがその例です。


例えば、、、

"Für Elise" by Beethoven

"Take Five" by Dave Brubeck



BPM(Beats Per Minute)に注目

 一般的に、BPM(テンポのこと)が高い曲はカーディオトレーニングに、BPMが低い曲は筋トレに適しています。

※もちろん個人差はあります。


◎カーディオ:BPM 120-140

"Uptown Funk" by Mark Ronson ft. Bruno Mars


◎筋トレ:BPM 70-100

"Back In Black" by AC/DC



まとめ

 トレーニングでの音楽選びは、単なる好みだけでなく、テストステロンレベルや集中力の向上など、パフォーマンスに影響を与える要素も考慮に入れると良いでしょう。この記事を参考に、次回のトレーニングが一段と充実したものとなるよう、最適なプレイリストを作ってみてください。



【特別付録】

テストステロンを高める独自の方法について

 実は、秘儀とまではいかないですが、ある『秘密の音源』についてお話ししましょう。一般的に公開されていない、特定の環境でのみ聞けるこの音声は、実はテストステロンを劇的に向上させる可能性があると言われています。何の音声かというと…まあ、それは成人なら察していただけると思います。(笑)

 この方法は一般的なジムでの使用はお勧めできませんが、プライベートな環境で興味がある方は試してみても良いでしょう。ただし、これはあくまで冗談混じりの提案ですので、楽しみながらトレーニングしてくださいね。

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page