top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

劇的なタンパク質の選び方 ~強靭な肉体を手に入れろ~



タンパク質、貴様の運命だッ! 筋肉増強のために、正しいタンパク源を選ぶことがいかに重要か、劇的に解説しよう。**「無駄無駄無駄無駄ァ!」**と叫びながら、完璧な体を手に入れるために必要な情報を手に入れろ!

ディオ・ブランドが筋肉を見せながら鶏胸肉、ホタテ、卵を持っているシーン。背景に「ゴゴゴゴ」や「ドドドドド」の擬音が描かれている。

鶏胸肉 - 無駄のないタンパク質の王者

「ササミもいいが、皮なし鶏胸肉こそ真の王者だ!」低脂肪高タンパク質の代表選手、皮なし鶏胸肉は、カルノシンを豊富に含み、筋肉の回復を劇的にサポートする。パサパサが気になるなら、次の方法を試してみろ:

  1. 卵白マッサージ - 鶏胸肉に卵白(1個)を揉み込んでから焼く。

  2. 重曹マリネ - ジップロックに水150cc、胸肉1枚、重曹小匙1杯、塩小匙1杯を入れ、一晩漬ける。

  3. 塩麹レンジクッキング - フォークで穴を空けた胸肉1枚に塩麹大匙2杯を揉み込み、600Wのレンジで4分チンしてから余熱で仕上げる。

低温調理器を使えば、さらに簡単に美味しい鶏胸肉が楽しめるぞ!


魚介類 - 海の恵みをその手に掴め!

「貝柱一つが筋肉の力の源だッ!」ホタテはタウリンが豊富で、その効果は絶大だ。イカやタコ、カニ、エビもお勧めだ。タラなどの白身魚の鍋もいいだろう。


最近の研究では、タウリンが筋肉の疲労回復に大きく寄与することが示されている。特に魚介類は高タンパク質で低脂肪、さらにビタミンやミネラルも豊富なため、筋肉を鍛える者にとって理想的な食品である。


卵 - 完璧なる栄養源

「卵白だけでは半端だッ!」昔のボディビルダーは卵白だけを食べていたが、全卵には筋肉量増加を促進するアラキドン酸が含まれている。

  • 一日に数個の全卵を摂取せよ。

  • 週2回、一回100gのレバーを食べることを推奨する。

最新の研究によれば、全卵の摂取は筋肉の合成を促進し、より効率的な筋肉増強を可能にする。さらに、レバーに含まれるビタミンAや鉄分は、体全体の健康をサポートし、持久力を向上させる。


 

この究極のタンパク質ガイドを実践し、筋肉の帝王となれ!「ロードローラーだッ!」


閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page