top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

ドリアン・イェーツのステロイドサイクル:真実と神話を解き明かす

ドリアン・イェーツはオフシーズンに特定のステロイドと成長ホルモンを使用していました。具体的には、750mgのススタノン、500-600mgのデカ、1日50mgのDボールを使用。さらに、プロとしてのキャリアが進むにつれて、GH(成長ホルモン)も導入し、8IUを5日間使用後、2日間オフにしていました。


ゴールドのトロフィーやダンベルがデザインされた"BODYBUILDING CHAMPION"のイラスト。健康と筋肉トレーニングの優勝を祝福するシンボルとしてのグラフィック

プレコンテストのサイクル

 プレコンテスト期間には、300mgのテストプロピオネート、50mgのアナバー、220mgのパラボランを使用していました。さらに、クレンブテロールとT3も使用していたが、T3の具体的な量については公表していません。


インスリンとの関係

 ドリアンは、インスリン使用について一度だけ試したと述べています。その結果、オフシーズンのルックが最悪だったと彼は評価しています。


総評

 ドリアン・イェーツのステロイドサイクルは、同時代のプロボディビルダーと比べても標準的なものでした。彼の成功は、適切なドージングと優れたトレーニング、食事プランに起因しており、極端な薬物使用によるものではありません。


まとめ

 このブログが、ドリアン・イェーツのステロイド使用に対する新しい視点を提供できればと考えています。彼のステロイドサイクルについての理解が深まることで、より健全なボディビルディングへの道が開かれるでしょう。

Comments


bottom of page