top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

咀嚼の力、ラブ・デラックスの如し!



ズバァァン! 咀嚼の力を侮るなかれ!2021年に発表された衝撃の研究によると、なんとガムを噛むことで髪の毛が太くなるというのです。えぇぇぇぇッ!?


ロッテの研究チームが実施したこの調査では、ガムを長時間噛んだグループが、短時間しか噛まなかったグループに比べて頭頂部の髪が有意に太いという結果が得られました。具体的には、長時間群は平均51.1分、短時間群は平均10.0分のガム咀嚼時間だったとのことです。ドゥワァァア! 51分もガムを噛むなんて、まるでスタンド使いのような集中力だ!

ガムを噛んでいる人のイラスト。背景にはセロトニン分泌を象徴するエネルギーフィールドが広がり、咀嚼によって髪が健康的に太くなる様子が描かれている。音符やリズミカルな線が咀嚼のリズムを強調。

咀嚼と脳のミラクルリンク!

ガムを噛むリズム運動がセロトニンの分泌を促進し、緊張感を和らげるというのはご存じでしょうか?20分間のガム咀嚼でセロトニンが活性化され、リラックス効果が得られるというのです。セロトニン研究の第一人者である有田秀穂教授によれば、リズム運動は種類を問わず、脳幹のリズム形成機構を介して作用するとのこと。つまり、咀嚼だけでなく、歩行や呼吸も同様に有効なのです。


髪の毛への恩恵

咀嚼が大脳の血流を増加させることで、髪の毛にも良い影響を与える可能性があります。東京都健康長寿医療センター研究所の堀田晴美研究部長のグループによる研究では、ラットの大脳皮質の「咀嚼野」を電気刺激すると、大脳皮質の前頭葉や頭頂葉で血流が50%も増加したそうです。ウゴォォォォ! 血流が増えることで、髪の毛も太くなるのかもしれません。


さらに、咀嚼はaFGF(酸性線維芽細胞成長因子)の分泌を促し、記憶を司る海馬を刺激することが示されています。咀嚼によって脳が活性化され、髪の健康が保たれる可能性があるのです。


ダイエットとエネルギー消費

「よく噛んで食べる」ことがダイエットに効果的だというのも耳にしますよね。咀嚼によってヒスタミン神経系が賦活され、満腹感が得られやすくなるため、食べ過ぎを防ぐことができるのです。さらに、内臓脂肪が燃焼しやすくなるとも言われています。バリバリバリ! 咀嚼のリズムで脂肪も燃焼!


日本の研究では、液状の食べ物をゆっくり味わってから飲み込むと、普通に飲み込む場合に比べて食後のエネルギー消費量が増加することが明らかになっています。咀嚼によってDIT(食事誘発性熱産生)が高まり、エネルギー消費が促進されるのです。

 

唾液の秘密

咀嚼によって分泌される唾液は、単なる水分ではありません。唾液にはNGF(神経成長因子)やEGF(上皮細胞成長因子)、抗菌物質や免疫グロブリン、消化酵素などが含まれており、口腔内の健康を保つ重要な役割を果たしています。ドドドドドド! 唾液がなければ、感染症や消化器系の障害のリスクが高まるのです。



Comentários


bottom of page