top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

カルシウムの知られざる真実とその働き



カルシウム!それはただの骨の材料ではないッ!体内にもっとも多く存在するこのミネラルは、全体重の1~2%を占め、その99%が骨と歯に、残りの1%が血液や細胞外液に分布し、多岐にわたる生命活動を支えているのだァァ!

カルシウムが骨や筋肉、血液凝固に与える影響を劇的に描いたイラスト。筋肉質の人物の骨と筋肉が輝き、カルシウムイオンがきらめく粒子として描かれている。脳が筋肉に指令を送り、カルシウムが血液凝固を助ける場面も含まれる。

筋肉の収縮!カルシウムの驚異的パワー!

筋肉が「収縮せよ!」という指令を受けると、カルシウムイオンが筋肉内に放出される!この瞬間、筋肉が収縮するのだッ!カルシウム不足は筋力低下を招き、痙攣やテタニー(手足の痺れ、硬直)を引き起こす危険があるッ!


セカンドメッセンジャーとしての役割!

カルシウムイオンは細胞内で情報を伝達するセカンドメッセンジャーとしても活躍するッ!ホルモンや神経伝達物質がファーストメッセンジャーとなる中、カルシウムは細胞内で重要な役割を果たすのだァ!


凝固因子としての重要性!

ケガをして出血すると、まず血小板が集まり応急処置を行うが、その後の血液凝固にはカルシウムイオンが必要不可欠なのだッ!カルシウムなしでは血液が固まらないッ!


カルシウム・パラドックス!その逆説的現象!

カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出す。だが、必要量以上に溶け出すことがあり、余剰のカルシウムが血管に沈着して動脈硬化を引き起こすッ!これが「カルシウム・パラドックス」だァ!


適切な摂取量とはッ!

厚生労働省の推奨摂取量は次の通りだッ:

  • 男性: 12~14歳 1000mg、15~29歳 800mg、30~49歳 650mg

  • 女性: 12~14歳 800mg、15歳以上 650mg

しかし、現状では平均摂取量が不足しているッ!適切な摂取量は一日1000mg前後が望ましいとされるが、過剰摂取も禁物だァ!


カルシウムが多く含まれる食品

乳製品、小魚、海藻類、切り干し大根などがカルシウム豊富な食品だッ!また、ホエイプロテインにもカルシウムが含まれているので、プロテインを大量に摂取する人はサプリメントの必要はないかもしれないッ!


サプリメントの選び方

クエン酸カルシウムや酢酸カルシウムは吸収されやすく、炭酸カルシウムは吸収されにくい!また、カルシウムとマグネシウムのバランスも重要だッ!フィチン酸やシュウ酸はカルシウムの吸収を妨げるため注意が必要だッ!



閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page