top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

子供から若者まで: 年齢に合わせたトレーニングと栄養のポイント

子供の筋力や筋持久力は心臓血管の健康に良い影響を与えることが明らかになっています。一般的に、男子は11歳、女子は9歳くらいからトレーニングを始めると良いとされています。ただし、成熟度や個人差は6~7歳から明らかになります。小学校の高学年になれば、自重トレーニングを始めるのが推奨されます。


子供がジャンプを行っている写真

トレーニングの効果と注意点


 13~14歳の子供には、ウェイトトレーニングがケガを防ぐ効果があります。ただし、トレーニングは正しい方法で行う必要があります。NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)の指針に従い、ダイナミックストレッチ、軽い重量から始める、レップとセット数の調整などが必要です。


低学年におすすめのトレーニング方法


  • バリエーションに富んだ動き

  • アイソレーション系よりコンパウンド系の運動

  • 骨端線の刺激に効果的なジャンプ系の動き

 例えば、ジャンピングスクワットや斜め懸垂、拍手腕立て伏せなどがあります。


若者における栄養とトレーニング


 タンパク質は体重1kgあたり2g~2.5g摂取が推奨され、分割摂取が効果的です。アミノ酸の一つ、アルギニンも成長や健康に良い影響を与える可能性があります。


ケガの予防と栄養補給

  • 週1回の休養日を設ける

  • 複数の競技を同時に行わない

  • 特定のスポーツに特化しない

  • ビタミンB1や亜鉛の摂取

 以上のように、年齢に応じた適切なトレーニングと栄養が大切です。ジュニア世代が健全な成長を遂げるために、これらのポイントを押さえたトレーニングと栄養摂取が有効です。

Comments


bottom of page