top of page
GYM CONQUER ジム筋華のブランドイメージ

ウィルス感染に対する先進的な対策: 新型コロナから未知のウィルスまで

風邪やインフルエンザに対する対策は多く紹介されていますが、新型コロナやそれ以上に猛威を振るいそうなウィルスにどう備えるべきか。今回はそのための科学的根拠に基づいた先進的な対策をご紹介します。


公共の場所に立っているマスクを着用した心配そうな個人の写真。新しく出現するウィルスに対する一般の関心を表しており、背景にはウィルスの粒子のグラフィカルなオーバーレイが表示されています。

新型コロナとACE(アンジオテンシン変換酵素)受容体

新型コロナウィルスは、ACE受容体と結合して細胞内に侵入します1。ACEは血圧調節などに関与する酵素で、口腔粘膜にも多く存在します。そのため、口腔内をリステリンなどで洗浄することが感染予防に有効である可能性があります。


セレニウムの効果

エブセレンという抗酸化剤は、新型コロナのウィルス量を減少させる効果が認められました。これはセレニウム酵素「グルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)」と同様の作用を有しています。セレニウムは食品で簡単に摂取でき、一日200mcg程度が推奨されます3。


スピルリナの免疫賦活作用

スピルリナにはフィコシアニンという強力な抗酸化成分が含まれており、NK細胞活性化作用やインターフェロンγ増加作用があります。スピルリナを摂取することで、ウィルス感染に対する抵抗力が高まる可能性があります。


食事での対策

オートミールやキノコにはβグルカンが含まれており、ウィルス感染率を下げる可能性があります。特にハードトレーニング後には、グルタミンと合わせてβグルカンの摂取も有用です6。


バナバ茶の抗ウィルス作用

バナバ茶にはケルセチン-7-グルコシドという成分が含まれ、ウィルスの複製を阻害する効果があるとされています。風邪やその他のウィルス感染にも有用です。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page